交通事故の首の痛み、治らない・・・

2019.6.24

不幸にも追突事故に遭い、その後首の痛みや背中、腰痛まで発症された方がいます。病院でのレントゲン検査は、「骨には異常なし、いずれ治るでしょう」ということでした。しかし、3ヶ月が経過するも首の痛みは治まらず、朝になるとピキッと痛みが走るそうです。今まで、マッサージは良くないから電気治療だけで治療をしていたようです。それでも治らず、ゆめたか接骨院へご来院されました。交通事故の首の痛み、治らない場合は、そうすれば良いのでしょうか?

治る体を作る!

これです。ゆめたか接骨院のコンセプトは、今ある痛みを取り除くことではありません。実は、痛みを取ることは当たり前として考え、ほっといても一晩でれば治る体を作ることにあります。これは、餌を自分で狩りできるように、厳しく子に当たるライオンと同じような発想です。でも、ゆめたかの施術は厳しかったり、痛かったりはしませんから、ご安心ください。

治る体はどんな状態なのかというと、左右対称の関節の動き、左右対称の筋肉の柔らかさが基本です。この状態を、骨盤矯正を中心に施すことで、可能になります。もちろん個人差はありますが、ゆめたか接骨院に通われる多くの方が、この方法でよくなる方向にベクトルが向いています。

交通事故治療には、知識と経験が必要だと考えています。ゆめたか接骨院には、豊富な知識と施術のスペシャリストがいますので、万が一、お困りの症状やお悩みがありましたら一度ご相談ください。身の回りの方、ご家族の方でも、しっかり施術を行うことで、改善率が大きく変わりますので、おしらせください。

まずは、お電話にてご予約ください。

富山院076−493−5660 環水院076−464−6228

ゆめたかTV環水院バージョン

梅雨の交通事故

2019.6.15

雨が降っている時や路面が濡れている時はノロノロ運転や渋滞につかまってイライラしていませんか?全日本交通安全協会によれば、雨が降ると1時間あたりの交通事故の確率が晴天時に比べると約5倍多いと言われています。交通事故の加害者にならないためにも2つの「急」に注意しましょう。それは、急ブレーキ・急ハンドルです。なぜなら路面が濡れているとタイヤは滑りやすくブレーキは効きにくいからです。そこで、これからの梅雨の時期にお出かけの際はぜひチェックしていただきたいのがタイヤの溝です。タイヤの溝が少ないとスリップする可能性が高まります。日頃の点検とともに重点的にチェックしてくださいね。また、安全運転を維持できるように雨の日の心構えとしては1、ゆとりを持った早めの出発2、イライラしない心の平安3、譲り合いの精神。この3つをキープしたいものですね。

車の運転ではこちらが注意していても相手の不注意により接触事故の危険性も当然あります。交通事故の被害者になったら症状は翌日以降に出現することが多いので念のため病院や接骨院に受診してくださいね。

ゆめたか接骨院は交通事故の施術を得意としています。万が一、むち打ちになったら早めの処置が早期改善・早期回復のポイントとなりますので、ぜひお気軽にゆめたか接骨院にお越しください。

☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆

7月3日(水)4日(木)は臨時休診です。

ゆめたか合宿と題して研修を行い、全スタッフがパワーアップするため勉強してまいります。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

いつでもお気軽にご連絡ください

富山院076―493―5660

環水院076―464―6228

TOPへ戻る

カテゴリー

2019年6月
« 5月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

交通事故のお悩みもスッキリ解決!

整骨院公式サイト

整骨院ブログ